JACMO 一般社団法人日本民事紛争等和解仲介機構

02.ビジネスシステム事業利用許諾契約書雛形(訓練選択制度)のひな形

The JACMO Settlement Conference Court 裁判外の紛争解決を促進する法律(ADR法)に基づき民間の紛争解決手段を提供しています。

契約書のひな形

ADR法を利用した契約書のひな形

【中建連公認研修機関限定】ビジネスシステム(FC)事業利用許諾契約書雛形

02.ビジネスシステム事業利用許諾契約書雛形(訓練選択制度)

ビジネスシステム事業利用許諾契約書(一般通称FC契約書)で、ADR手続合意条項を搭載した模範契約書です。
尚、本契約書雛形は、職業訓練選択加入方式を併記する場合のものです。通常加入方式によるビジネスシステム事業利用許諾契約書雛形を希望する場合、01.を参照ください。

【利用制限及び登録賦課金】

第1.利用者の限定

本契約書雛形は、中建連に公認された研修機関以外の者は利用できませんのでご注意ください。

第2.利用者監理のための登録賦課金

本契約書雛形により「実契約を締結した場合」、相手方から照会があった場合即座に対応できるよう、その実契約件数に応じて、「15,000円/件」の利用者事前登録賦課金が課せられます。

ひな形をダウンロードする

このひな形は、裁判外の紛争解決を促進する法律(ADR法)を
利用したひな形となっております。

裁判外の民間紛争手続きの利用促進に関する法律があります。

裁判外の民間紛争解決手続
利用の促進に関する
法律(ADR法)があります。

契約書などに所轄の裁判所を記載することなく紛争解決することができます。

契約書などに所轄の
裁判所を記載することなく
紛争解決することができます。

トラブルがあった際に裁判所にかわって民間の第三者機関が紛争を解決します。

トラブルがあった際に
裁判所にかわって民間の
第三者機関が紛争を解決します。

ADR法を活用することで企業にとって様々なメリットがあります。 ADR法の活用についてもっと詳しく見る

ADR法活用について ご不明な点等、お気軽にご相談ください。お問い合わせはこちら。